満油商事株式会社、キーパープロショップ、車検、鈑金、中古車、潤滑油、重油、富士の水、ハワイウォーター
X^btuO
3月
30
2014

出張修理

Posted in ホリデー車検秩父通, 整備 | 橋本 和明

「車が動かない」とのことでご自宅へ出張修理に伺いました。

車に関しての、お困り事は何でも気軽に声を掛けて下さい

「おフランス」と言えばフランスパンにフランス料理、

映画はヌーヴェルバーグに歌はシャンソンと

畳と演歌大好きな日本人からは、

敷居が高いもんだと相場が決まってます。

 

 

でも、このシトロエンC2に初めて乗ったとき、

ぴったんこの歌を見つけてしまいました。

てっきりフランス人だと思い込んで調べてみたら、

マイア・ヒラサワって日系スゥェーデン人の

シンガーソングライターなんですが震災の時、

希望の涙を誘ってくれた名曲です。

 

荷物を押し込むのにうってつけなのが、このリヤゲート。

こんなところも小粋なんですよね、やっぱり。
何入れますか?スケッチブック? キャンプ道具? 

渋~~く御抹茶とかエスプレッソを公園で愉しむだけでも

ハッピー間違いなし♪

 

 

 

こんな写真みたいに、なにかしら太陽の下で遊びたい車が

シトロエンC2のかわいさです。

 

 


全面的に女子だけにお勧めしたいと宣言したいところなんですが、

そこはフランス車、ちゃんと男子が愉しむべき

「ひと癖」があるんですよね。

それは独特の変速システム。普通に乗る分には

普通のオートマなんですが

ステアリングに装着されたパドルシフト、

F1にも使われる指先で変速できる

あの仕組みが搭載されているんです。

 

乗り始めた時は、シフトアップ時になにか

「つんのめる感じ」がして
「やっぱ日本車の方が賢いなー」と思ってましたが、

この車の乗り方には「作法」がありました。

 


それはシフトアップ時に、一瞬だけアクセルを抜くんです。

そうです。マニュアル車経験のある方なら身についてる、
一速から「ブーーーン」と引っ張り、

二速に上げる瞬間「スッ」と抜くあの感覚。
これを二速~三速、三速~四速と繰り返して車速を上げていきます。

 

その呼吸合わせがリズミカルになると、

とてもなめらかに一体感が生まれて、ドライブがさらに楽しくなります。

 

フツーに乗ってもハッピー。
パドルシフトを愉しむのも味わい満点。


やっぱりフランス車は、奥深いフトコロがあるんですね。


ご予約はこちらから!


「シュボッ」

海を見つめたまま、男はコートの襟を立て、醒めた表情で煙草に火を点けた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

こんな書き出しで始まる ” ハードボイルド小説 ”や

サスペンス映画がお好きなら、このZ4に一度は

乗らなければなりません。

 

 

ドアを開け、地をするようなシートに腰を下ろした瞬間、

貴方自身が、ハードボイルドの主人公。

 

スイッチを15秒ほど押すだけでソフトトップは全開。

ボディ先端が見えないフロントノーズに戸惑いながら、

ゆったりとアスファルトに足を踏み入れる。

 

そしてアクセルを注意しながら深く踏む。

 

その瞬間、獰猛なピューマを思い浮かばせるほどの迫力で

BMW伝統の直6エンジンが咆哮を上げます。

 

 

 

 

 

正直手強い車です。

 

ステアリングに遊びは無く、ちょっとした路面の

アンジュレーションにも過敏なほど反応します。

適当に片手で流すような運転は難しく、常に両手を

添える必要があるほど。

 

 

 

しかし、こんなに昂ぶる車は滅多に乗れません。

ポルシェでも、もう少しラクかなと思えるほどで

これだけ硬派な車は、おそらくロータスくらいでしょう。

 

コーナーを走り抜ける能力は極めて高く

公道で限界を試そうなんて絶対無理です。

ビシッとオンザレールで意のままに曲がります。

 

 

 

 

以前、弊社社長の愛用車だったZ4をPOCレンタカーに譲り受け

今回思い切って艶消しのゴールドにドレスアップしてみました。

 

ナトリウム灯の下に佇む姿は、まさに獲物を狙って

低く構えるピューマのよう。

 

 

 

ごく一部のエンスージャストに好まれる艶消しを

さらに引き立たせるため、キドニーグリルからドアミラー、

そしてエンブレム全てをカーボンシートで演出しました。

 

 

世界に一台のTHE ハードボイルド、Z4に貴方も挑戦してみませんか。

 

 

 

※手強い手強いとおどしましたが、オートマパワステなので、

慎重に運転すれば、どなたでもドライブは楽しんでいただけます。

こんにちは。
Mitsuo@レンタカーブログ担当です。

今日からチョコチョコとPOCレンタカーの魅力を
スタッフブログを通じてみなさまにお伝えします。

 

今日、ご紹介するのはゴルフカブリオレ。

オープンカーなんて初めて、という方でも
ほんとうに乗りやすくていい車です。

 

排気量は2000ccあるのですが、
こわいほどのパワーはなく
かといって遅いわけでもなく、
ゴルフらしく走る・曲がる・止まるが快適な車です。

3月に入ったばかりの今は、ニットキャップとグローブ、マフラー。

助手席に乗るなら膝掛けも欲しいところです。

 

「そんな寒いのになぜ屋根を開ける必要があるの?」と
いう方こそ、ぜひ体験していただきたいのが、このゴルフカブリオレ。

 

まるで露天風呂なんです。


頬に当たる風が冷たくても、
思わず「アハ〜〜〜〜っ」って
声を出してしまうほど気持ちいいこと保証付き!

ヒーターでぬくぬくの足元から腰回りと
冷たさのギャップがいいんです。

 

 

もちろん人目は引きます。

 

オープンカーというだけで目立つ上に、このゴルフは鮮やかな青なので
信号で止まると視線が集まって気恥ずかしい想いをすることもあります。

 

でも、見てるオンナの子とかの口もとが(((かわいい〜)))って
動くこともあったりして、そんな時は思わず
こちらの口もとがゆるんでしまいます。
※ホントはどう発音してるか、ワタシの妄想かもしれません(^_^;)

たまのお休みやストレスを解消したいとき、

ほんの半日でもいいので体験してみてはいかがですか?

 

栄に買い物いくのもよし、トコトコ下道走って
ジャズドリームとかいくのもいいですね。

 

輸入車のしかもオープンカーなんて敷居が
高く感じてる人こそ

このGパン感覚で乗れるゴルフ、お勧めです。

 

近日貸出予定です  (・∀・)  ご予約は、コチラからどーぞ!

 

 

 

1 / 11
J_[
2014年3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
JeS[
ŋ߂̓e
A[JCu
Copyright (C) 2009 MISTUYU All Rights Reserved.
プライバシーポリシー