【その他】ヘッドライト黄ばみとり
UPDATE: 2018.04.17

ヘッドライト黄ばみとり

キーパープロショップ上名古屋店、古橋です。

先日ヘッドライトの黄ばみが気になるとのご相談を頂きました。

ヘッドライトが黄ばんでいると、夜間前方が見辛いだけでは無く、光量が落ちる事から歩行者からの視認性も落ち、危険です。また車検も光量不足で通らない場合も…。

 

ヘッドライトの黄ばみの原因はライトの原材料のポリカーボネートにあります。
昔のライトはガラス製でしたが、今はそれよりも耐衝撃性に優れ・光の透過性が良く・軽いという特徴があるポリカーボネートに変わっています。
そんないい事づくめのポリカーボネートですが、紫外線に弱く表面の紫外線を防ぐコーティングが傷や経年劣化で剥がれるとドンドン劣化します。
また表面に傷がつき易い特徴もあり、洗車傷や飛び石などで傷がつきそこから紫外線にて劣化します。
また熱の影響も見逃せません、耐熱温度が120℃程ですが、ライト本体の高熱やエンジンからの熱によって劣化します。
そんな劣化し黄ばんでしまった状態のライトですが、ある程度までキレイな状態に戻せます。

 

#レンズ内部が汚れている場合は透明感が出ない場合があります。また表面の小傷は消せますが、紫外線劣化によるレンズ樹脂層にあるヒビは消すことはできません。

劣化した表面を劣化してない層まで研磨し、その後表面にガラスのコーティングにて保護します。
ヘッドライト研磨:値段は¥5.000〜。

また板金塗装用クリアを研磨後に塗装するヘッドライトプロテクタもご用命下さい。研磨後、板金塗装用クリアーを塗装する事により、長期のヘッドライトの保護が出来ます。

ヘッドライトプロテクト:¥12.000〜、黄ばみ落とし+¥4.000〜。
何か不明点は店頭スタッフ、にご相談下さいね。

 

http://mitsuyu.co.jp/station/station-kaminagoya