【一般整備】 テンションロッド交換
UPDATE: 2017.10.06
クラウンロイヤル
平成13年
JZS175
24132

クラウンロイヤルのテンションロッド交換

クラウンロイヤル テンションロッド交換

175系クラウン テンションロッド交換

今回はクラウンロイヤルのテンションロッド交換です。

テンションロッドは車のフロントサスペンションの一部で、前後にかかってくる力を抑制するパーツです。
ここが破損してしまうと特にブレーキングにおいては、最後の停止時に不穏な動きをしてしまい、前後の安定性に欠けます。

ちょっと見にくいかもしれませんが、下から覗いて右前の足回りを見てます。

太くてクニッと曲がった感じの太い棒がみえると思いますが、これがテンションロッドです。

そんなテンションロッドの付け根部分をよ~く見ると。。。

何か漏れてます。ゴムが割れてグリスが飛び出てるのがわかるかと思います。

このゴムの部分が動くことで、前後の動きに対してやわらかくショックを吸収するのですが、

これが割れてしまうと、逆に動きすぎてしまって不安定になります。

外から車の動きを見ても、足回りが前後に動いてしまう症状が見られ、取れるんじゃないか?

とも思ってしまうくらい、結構コワいんです。

外すのは3箇所のボルトを外し、知恵の輪のように外すだけ。

いざ外して新品と比べてみると、ゴムブッシュの部分がパックリ割れてるのが見えるかと思います。

基本的には一番負担がかかる操作は「ブレーキング」。車の重量や経年など色々な要素が

からんできますが、ブレーキングで、踏み込み始めや停止寸前に違和感を覚えたら、

まずはココを見るのがいいかもしれませんね。

ということで、新品装着。

部品や工賃は車種にもよりますので、詳細はスタッフへお尋ねください。

上名古屋セルフステーション

名古屋市西区上名古屋3−21−18

TEL 052−531−6796

<a href=”http://mitsuyu.co.jp/station/kaminagoya” target=”_blank”>”http://mitsuyu.co.jp/station/kaminagoya”</a>