【一般整備】タイミングベルト交換
UPDATE: 2017.11.18
スバル/レガシーEJ20
平成15年式 R50

スバル/レガシー タイミングベルト交換

こんにちは!岩倉セルフステーションの萩原です。

今回は平成15年式スバルレガシーEJ20のタイミングベルトとウォーターポンプ交換のご用命を頂きましたので紹介します。

作業は冷却水を抜いてラジエータを外してタイミングベルトカバーを外してとここまでは順調でしたが…、カムシャフトプーリーとクランクシャフトの位置決めをした後にタイミングベルトを外した瞬間に助手席側のカムシャフトプーリー2個がコマのようにグルングルン回転しました!

タイミングベルトが外れてコマが回ると言う事はタイミングがずれている事を意味しますのでこのままタイミングベルトを組付けたらエンジンはかからないどころかバルブとピストンが干渉してしまいエンジンが壊れてしまいます。

位置のずれたカムシャフトプーリーを正規の位置に固定するのが今回の修理の山場になりました。組付け後はエンジンの調子も良く、次の20万キロまで安心して乗ってもらえると思います。

修理のご依頼お待ちしております!

 

岩倉セルフステーション
岩倉市大市場町郷廻331
TEL 0587-66-8522
”http://mitsuyu.co.jp/station/iwakura”