レガシィ パワステポンプ交換
UPDATE: 2017.12.28
レガシィ

レガシィ パワステポンプ交換

レガシィ パワステポンプ交換

レガシィ パワステポンプ交換

こんにちは!井瀬木SSの白木です。

エンジンルームからうなり音がするということで
上名古屋SSから入庫したレガシィですが
スタンドの方でパワステポンプからの
異音ということでしたので今回は
パワステポンプを交換することになりました。

 

 

ポンプの位置としてはエンジンの上側についているので
非常に交換が楽なのですが
オイルが直接エンジンにかかってしまうので
オイルをたらさないように交換するのがコツです

 

 

ベルト等を外し、交換をしましたがベルトを調整する
テンショナープーリーとアイドラプーリーも
少しゴロゴロとした感触があり、近いうちに異音の発生する
可能性が高かったので一緒に交換しました。

 

これでしばらくはうなり音や異音がすることはないと思います。

今回はパワステポンプとプーリー類を交換しましたが
どちらかと言うとうなり音の発生する確率的には
ポンプよりプーリーのベアリングの方が高いので
エンジンルームよりうなり音がする場合は早めに
点検をしてください。

最悪の場合、ベアリングが焼き付き
ベルト等の交換が必要となり、高額な修理になる場合にありますので
早めの点検をオススメします。

http://mitsuyu.co.jp/station/station-iseki