満油商事株式会社、キーパープロショップ、車検、鈑金、中古車、レンタカー、損害保険、潤滑油、重油
おすすめ情報
暮らす

灯油用ポリタンク

2016.01.31

このところ急に寒くなってきたため、
灯油をお買い求めになるお客様が増えてきましたが、
お持込いただく灯油ポリ缶は安全でしょうか?
といいますのも、
以前「ポリ缶から灯油が漏れてるみたいで、
保管ケースがベタベタになっている」
というお客様がみえました。
原因はというと、
灯油 ポリ容器の継ぎ目部分からの漏れが原因でした。
IMG_1

危険物保安技術協会においても、
「3年で劣化が始まるため日陰や囲いをしていたとしても
5年を目安に交換しましょう」
と注意喚起されています。
IMG_2

また下のように10年選手のポリ缶は、
継ぎ目からだけでなく、
硬化による割れなども発生したりして非常に危険です。
IMG_3

最近のポリ缶はかなり安く手に入るようになりました。
当店でも598円(危険物保安技術協会認定容器です!)
で販売しております。
IMG_4

ごらんのように昨年の秋口に製造されたものです。

暖冬とはいえ、また急激に冷え込んだりすることもあり
まだまだ寒い日々が続きます。

灯油は引火性の高い危険物でもあります。
一度容器の側面にあ る「製造年月」を確認頂き、
5年を経過している容器がありましたら、
新しい容器に交換されることをオススメいたします。

Copyright (C) 2017 MITSUYU All Rights Reserved.
プライバシーポリシー