スタッフブログ

平成23年8月式 プリウスW30系のブレーキフルード交換

ハイブリッドということもあり、通常の車種と作業工程が違い、

ブレーキ制御禁止モードに移行してからブレーキフルードを交換しなければなりません。

逆の言い方をすると、

ブレーキフルード交換しないのにこのモードを使用してはいけないということでもあります。

異常警告が点灯してしまいます。

まず通常モード(画像②)からブレーキ制御禁止モードへ移行します。

すると(画像③)左一番端のブレーキ警告灯が点滅します。

そうなればブレーキ制御禁止モードへ移行完了なので、

ブレーキフルード交換を始めます。

この時の注意点で可能な限り、

補助サポートとして1人搭乗してもらってください。
つまり最低でも2人で行ってください。
フロントブレーキは通常の車同様、

ペダルポンピングを行います。(画像④)
問題はリヤブレーキですが、

ブレーキペダルを踏んだままの状態を保持してもらうと
(要するに踏みっぱなし)

フルードがモーターにより連続的に吐出され交換できます。

今回はブレーキフルード代が1100円 作業代3240円 合わせて4340円となりました。

岩倉セルフステーション
岩倉市大市場町郷廻331
TEL 0587-66-8522
http://mitsuyu.co.jp/station/station-iwakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る