スタッフブログ

ザ・ジャパンクオリティ:トヨタ・セルシオ

大変ゴブサタしましたYoshida@レンタカー担当です。

 

人生大波小波があって二ヶ月近くお休みしてしまいました。

翻弄の波から上がってきたので、また続々と紹介しますよ!

 

今回は、、、ドカーンとゴージャスなセルシオ。

 

「セルシオVSシーマ」のVIPカー対決なんてバブリィな頃が懐かしい逸品。

メタリックグリーンが艶っツヤで、どんだけ丁寧に乗ってもらってたの?と

問いかけたくなるほど古さを感じない個体です。

後ろ姿の堂々感も豊かですね。

 

ま、でもオッサンの乗る車だわな、、と乗ってみたら

「なんじゃこりゃあっ」と叫びたくなるほど贅沢空間。

 

まず、とにかく静か。

昔、ロールスロイスのセールスコピーで

「車内で聞こえるのは時計の音だけ」という名文句がありましたが

このセルシオはデジタル時計(^_^;)なので時計の音すらしません。

 

アイドリング音はするので無音ってわけではないんですが

なんともゴージャスな静寂感があります。

そしてこのリヤシート!!

 

フットレスト付きなんて「グリーン車かっ」とツッコミをいれたくなるほど。

助手席なんてグングン前へスライドして、ついにはヘッドレストが前に倒れるので

まさにおかかえ運転手付きの社長気分が味わえます。

リヤシートの細やかリクライニングやオーディオコントロールは

まさにおもてなし感満点!

 

オッサン車なんて口の悪いことは言えません。

トヨタらしい生真面目さで「世界一」を目指した車ってことがよくわかります。

時代物のワインのように、その良さを今味わえることが

クルマ好きとして何とも言えないほどシアワセに浸れます。

後部座席の三角窓にまでシェードがつくんです。

木漏れ日の中にいるような心地(^o^)

 

コーフンして後部座席のことばかり語ってしまいましたが

アクセルを踏み込めば、当時ベンツやBMWも腰を抜かしたと

語られるほどの精密V8エンジンが余裕綽々のパワーを発揮します。

 

世の中に、まだまだセルシオという車種はありますが、

この「名古屋301 わ 11-08」の極上コンディションは

特別なセルシオと断言します。

 

日本の名車をぜひ!

スパイスレンタカー上名古屋
https://spice-carrent.com/store/kaminagoya/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
上にスクロール