スタッフブログ

デザイン+ハンドリングイノチ、アルファロメオ156

アルファと言えば赤なんですが、黒もシャレオツです。

この156は息も絶え絶えだったアルファロメオがまさしく
逆転満塁ホームラン的に大ヒットしたモデル。

とにかくかっこいいんです。

どの角度からどう見ても、車のラインが伸びやかに流れ、
それでいてコンパクトに収まりつつ「アルファらしい」名デザイン。

後ろ姿もキリッとしつつ優しさもあり。

大きな声では言えませんが、最近どこのメーカーも
どうだエライだろ的に「イバリデザイン」が幅を利かせるなかで
この156のエレガントさは、高級時計のクラッシックモデルにも
通じるような「あのころが良かった」的印象を持てますね。

で、このモデルは2リットルエンジンと「セレスピード」という、

ちょっと特殊なオートマを積んでます。

くわしいこと書き出すとF1のフェラーリが最初に採用して云々。。。と

ややこしい話になるので、はしょりますが変速のショックは

けっこう大きくて、はっきり言ってイマイチです。

でも変速のことは慣れるとして、ハンドリングになると

これまた「絶品!」と叫びたくなるほどの一体感で

シアワセそのもの。

軽々と回るエンジンプラス「クッ」と切れ込むコーナリング性能は、

FFとは思えません。

実はワタクシ、2.5ℓのV6エンジン搭載の「お高い方」に乗ってましたが、

ハンドリングならこちらが勝ち。

別に飛ばさなくても車線変更や。ちょっとしたカーブを抜けるだけで

「いいね」ボタンを押しまくりたくなるほどニンマリできます。

デザイン120点、ハンドリング満点、変速40点と、

くせ者アルファ156のセレスピードモデル。

人生に一度は体験しておきたいクルマです。

 

 

ご予約はコチラから!

スパイスレンタカー上名古屋
http://spice123.jp/CarRental/application/rent/select/2/1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る