【一般整備】マフラーの錆の末路
UPDATE: 2018.06.06

マフラーの錆止め

こんにちは、ホリデー車検秩父通り店

比嘉です。

今回は、車検の時などにマフラーの錆止めを

行っていなかった車両についてです。

 

 

車検整備の際に、

マフラーの錆落としと錆止めの塗装をオススメしていますが、

なかなかOKを頂けません。

 

錆による腐食が進むと、マフラーに穴が開いてしまいます。

 

 

ちょっと見えづらいので拡大します。

 

 

穴が開いていますね。

こうなってしまうと、車検不合格になるだけでなく

、走行時に異音がします。

 

応急処置として、パテで穴埋めを行います。

小さな穴や穴あき箇所が少ない場合は、応急処置で十分ですが、

穴が大きかったり、穴あき箇所が多い場合は、

マフラーを交換をお客様にご提案させて頂きます。

 

マフラー交換は作業工賃が高くなり、作業時間もかかってしまいます。

無駄な費用と時間がかからないよう、

当店では定期的なマフラーの錆落とし・錆止め施工をオススメしています。

 

お車のマフラーの状態を確認したい方は、

当店スタッフにお気軽にお声掛け下さい。

 

http://mitsuyu.co.jp/station/station-syaken