スタッフブログ

四日市あすなろう鉄道からの工場夜景

こんにちは!

井ノ下です。

おそらく満油商事の中で一番の鉄道ファン(というより誰もいないでしょう)でもあります。

今回は三重県四日市市を走る

「四日市あすなろう鉄道」です。

この路線は三重県四日市市のあすなろう四日市駅から内部・八王子を結ぶ

小さなローカル線ですが、近隣には学校や住宅も多いことから生活路線とも言えます。

どこにでもありそうなローカル線ですが、実は全国でも貴重な

「ナローケージ」の路線なんです。

線路の幅には規定があり、新幹線や近鉄線、名古屋市営地下鉄東山線・名城線は1365mmの標準軌

JR線、名鉄線、地下鉄鶴舞線・桜通線は1067mmの狭軌となってますが、

ナローケージは線路の幅が762mmと、標準軌のほぼ半分の幅と非常に狭いのが特徴で、

全国にも三重県「四日市あすなろう鉄道」「三岐鉄道北勢線」、静岡県「大井川鉄道井川線」の

わずか3ヶ所にしか残っていません。

それもあってこの3ヶ所の路線には、多くの鉄道ファンが訪れます。

車両は実に小さく、幅は路線バスとほぼ同じくらい。実にカワイイ車両です。(製造はかなり古い車両ですが)

そしてせっかく四日市に来たのであれば、

「工場夜景」

も楽しんでいただきたいですね。

四日市市は工場夜景においては東海地区でもトップクラスのスポット。

特に四日市ドームから見える工場夜景は幻想的。スマートフォンのカメラであれば、

ぜひマニュアルモードにしてシャッタースピードを落とし、フェンスとセルフタイマーを使って手ブレ防止を。

また四日市ドームから国道23号を南へ行くと

「大正橋」という橋がありますが、

実はここも工場夜景の好スポットで、コスモ石油四日市プラントを対岸から見るのが良いです。

 

ということで、いつもより2割増しで長いブログ読んでいただきありがとうございました。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
上にスクロール