スタッフブログ

多治見モザイクタイルミュージアム

のどかな街中に突如出現!
ユニークすぎる”粘土山”の正体は・・・?

笠原町は施釉磁器モザイクの発祥地で、
生産量は全国一。
多治見モザイクタイルミュージアムは
建築家”藤森照信氏”の作品です。

外光と気持ちいい風が入る、
一面真っ白なタイルの部屋。
床から天井までタイルに覆われている、
屋根が円形に切り取られ、
空とつながる開放的な造り。

歴代のタイルコレクションは、
現代と昭和レトロ、
デザインの違いが面白い。

体験工房、ショップもあり楽しい。

春休みの一日子供さんと訪れてはいかがですか。

 本社
名古屋市西区秩父通2−8
TEL 052−531−8261
http://mitsuyu.co.jp/station/station-honsya
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る