スタッフブログ

アストンマーチン ラゴンダの内装木目パネルの修理事例

こんにちは!北名古屋市にあるPOC高田寺鈑金、店長の川瀬です(^^)

今日はアストンマーチン ラゴンダの内装木目パネルの修理事例をご紹介します。

取引先の輸入車販売店さんから「年代モノの車の割れた木目パネルって直せます?」と連絡をいただき、現車を確認させて頂く事に。

 

現車を見てビックリ!新車時4,500万円と言われるアストンマーチン ラゴンダでした(°_°)
木目パネルの何箇所かが割れており、年式的に新品に交換しようにも本国に部品があるかどうかも分からないそうで、なんとかならないかとご相談頂きました。

 

安心して下さい!直せますよ(^_^)v
補修なので新品同様とまではいきませんが、損傷箇所を目立たないようには出来ます(^^)

接着剤で割れ部分の反りを直したら木目の欠損部分は切削後調色してお絵かきします。
次に透明樹脂を盛ったら平滑に研磨し、クリア塗装で仕上げました。

費用は30,000円税別
脱着費用や点数により費用は異なります。
お預かり期間は4日間〜です。
販売店さんに仕上がりを見て頂いたところ「めっちゃキレイに直ってるじゃないですか」と喜んで頂けました(^-^)

高田寺鈑金工場
北名古屋市高田寺西の門7
TEL 0568-68-9268
http://mitsuyu.co.jp/station/station-bankin
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
上にスクロール